ニンニク 栽培

ニンニク栽培.com

ジャンボニンニク プランターの栽培

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


jumbo (5)

ジャンボニンニク プランターの栽培

 

 

ジャンボニンニクは、一般的なニンニクに比べて鱗片が大きく、
ニンニク特有の強い香りが少ないのが特徴です。
そのため、ニンニクの香りが苦手な人にも人気が高いです。
エレファントガーリック」とも、呼ばれます。
 

ジャンボニンニクは球が大きく育つ分、
プランター栽培が難しいと思われがちですが、そんなことはありません。

 

プランターを使えば、庭はもちろん、ベランダで栽培することができます。
一般的なニンニクを育てるのと難易度も変わらないので、
ジャンボニンニクが好きな方は、ぜひ育ててみてください。

 

ジャンボニンニクの育て方は一般的なニンニクと、ほとんど変わりません。
植え付け時期や方法、水やり、追肥などの作業も同じ方法です。

 

手入れをするタイミングや内容もほぼ変わりませんが、
大きなジャンボニンニクを収穫するコツがありますのでご紹介します。

 

 

[ジャンボニンニク プランターの栽培]

 

 

1.種球選びをしっかりと

 

ニンニク栽培は、種球選びがとても重要です。
良い種球を選んで植え付ければ、
良いニンニクを収穫できる可能性が高くなります。

 

粗悪な種球を育てても、良いニンニクに育ちにくいです。

 

ジャンボニンニクの場合も同じで、
種球の良し悪しで、収穫に影響が出ます。

 

◎良い種球のポイントは?
・持ってみてずっしりと重みがある
・鱗片の大きさが揃っている
・害虫の食害痕や病気の症状が見られない

 

ずっしりと重いものは、栄養が詰まっているので、よく生長します。

 

鱗片の大きさを揃えると、ニンニク同士の生育も揃います。
生育が揃うと、周りのニンニクと競争しながら育ち、株が強くなります。

 

病害虫の痕があるものは、栽培中に症状が出やすいので避けるようにします。

 

 

Jumboninniku2016-14

 

Jumboninniku2016-13

にんにく ジャンボニンニク 種球 約150g 【国産】 1,242円

 

 

2.プランターは大きいサイズを

 

ジャンボニンニクは畑だけでなく、プランターでも育てることができます。
この場合も、栽培中の管理方法などはニンニクとほとんど同じです。

 

ただし、育てるプランターのサイズは、標準プランターより、
ジャンボニンニクに合わせて大きめのものを選ぶと良いです。

 

一般的なニンニクに比べ、ジャンボニンニクは鱗片が大きいのが特徴です。
植え付ける時、鱗片は深さ4~5㎝に植えます。

 

*一般的なニンニクであれば、深さが20cmほどあるプランターでも、
育てることができますが、ジャンボニンニクにはやや狭いです。
20cm以上の深さの深型プランターを選ぶと収穫も良くなります。

 

ジャンボニンニクは、大きいだけあって葉の幅も広く、
球が肥大した時の大きさも大きくなるので、株間も十分にとります。

 

一般的なニンニクが株間10cm~15cmほどで育てられるのに対し、
ジャンボニンニクは株間が20cmほど必要となります。

 

65cmサイズの標準プランターで育てる場合、
ジャンボニンニクは3~5つの鱗片しか植えることができません。

 

幅はもちろん、奥行が少し広いジャンボプランターであれば、
2列か3列にして植え付けることもできます。
株間が十分でないと、生育が悪くなることがあるので、注意しましょう。

 

 

Jumbo-ninnniku

*管理人は、深型プランター 、
サイズ:700×300×320(mm)容量:36L を使っています。

 

 

3.窒素過多に注意する

 

ジャンボニンニクは、一般的なニンニクに比べて葉が広く、大型に育ちます。
そのため、窒素が多い状態になると、過繁茂になりやすくなります。

 

大きく育つのは良いことのように見えますが、実は問題が起こりやすいです。
想定以上に大きく育ってしまうと、株間が狭くなって風通しが悪くなります。

 

ニンニクは風通しの悪さによって病害虫にかかりやすくなります。
また、地上部に養分が使われ、土中の球に栄養が回らないこともあります。

 

肥料は窒素・リン酸・カリが同等のものか、
リン酸が多めのものを選ぶと、窒素過多になりにくいです。

 

■参考

・ニンニク 地植えの栽培
・ニンニク プランターの栽培
・ジャンボニンニクの栽培 ←詳細版
・ニンニクの芽 栽培
・行者ニンニク 栽培

 

タグ : 

ニンニク栽培 育て方

ジャンボニンニク

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


jumboninniku

ジャンボニンニクは、ニンニクとついていますが、
実はニンニクではなく西洋ネギであるリーキの仲間です

 

 

育て方も特に難しいことがなく、見た目にもインパクトが強いので、
ニンニクとは少し違った風味で人気が高まっています。
エレファントガーリック」とも呼ばれます。
 

 

[ジャンボニンニク]

 

 

■ジャンボニンニクの特徴

 

・色・形
ジャンボとついている通り、一般的なニンニクに比べると、とても大きいです。
球全体も大きいですが、鱗片1つ1つもとても大きく、1個でボリュームがあります。

 

普通のニンニクが1球で50gに対し、
ジャンボニンニクは鱗片1個で50gくらいあるので、でっかいです!

 

鱗片の形が、普通のニンニクよりもずんぐりむっくりとした形をしているので、
球全体もこんもりとした形をしていて、表面の皮が破れていることも多いです。

 

表面の皮を何枚か剥くと、
中から小さな茶色い種のようなものが出てくることがあります。
これは珠芽(しゅが)といって、自然薯などのむかごと同じようなものです。

 

この珠芽を土に埋めて育てると、
何年かかけてジャンボニンニクに育てることもできます。

 

・香りと味
ジャンボニンニクは、その大きさも特徴的ですが、
一般のニンニクと比べると、ニンニク特有の香りが少ないことも大きな特徴です。

 

ニンニクの独特な香りが、十分の一ほどと少ないため、
ニンニクの香りが苦手な方でも食べやすく臭いも残りにくいです。

 

鱗片がとても大きいため、球丸ごとを揚げたりする調理方法はもちろん、
鱗片1つだけを丸ごと揚げても食べ応えがあります。

 

香りがマイルドなのを利用して、
スープやサラダなどに香り付けとして使ってもおいしくいただけます。

 

生でも火を通しても食べられますし、
香りも味も強すぎないので、幅広い用途に使えます。

 

 

jumbo (5)
プランターでも栽培できます
 

 

■ジャンボニンニクの栽培のコツ

 

育て方は、一般的なニンニクとほぼ同じです。
ただ、鱗片1個が大きいことと、最終的に肥大した球もかなり大きくなるため、
株間を広くとる必要があります。

 

葉ニンニクや茎ニンニク(ニンニクの芽)として栽培することはほとんどありません。
球ニンニクとして栽培し、大きく育ったものを収穫・利用します。

 

■参考
・ニンニクの収穫時期
・ニンニク 収穫方法
・ニンニク栽培 北海道
・ジャンボニンニクの栽培

 

タグ :

ニンニク 品種

無臭ニンニク ジャンボニンニクの違いは?

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


jumboninniku

無臭ニンニクもジャンボニンニクも大球で臭いが少ないので、
若い女性や会社員に人気があります
(写真は、プランター栽培のジャンボニンニク、昨日のようす)

 

 

無臭ニンニクとジャンボニンニク。
どちらも最近よく耳にする品種ですが、
見た目だけでは、どちらなのか分からないことも多いです。

 

では、実際にこの二つには何か違いがあるのでしょうか。

 

 

■無臭ニンニク ジャンボニンニクの違いは?

 

・無臭・ジャンボニンニクのカテゴリー

無臭ニンニクとジャンボニンニクは、
見た目だけではあまり差を感じられないことがほとんどです。

 

特徴としては、全体的に一般的なニンニクよりも、
大きく、臭いが少ないことです。

 

どちらもニンニクと似た形ですが、実はニンニクの仲間ではなく、
リーキという西洋ネギの仲間なのです。

 

育て方や味には大きな違いはありません。
では、本当にこの二つは違うものなのでしょうか?

 

簡単に言うと、無臭ニンニクは、
ジャンボニンニクというカテゴリーの中の一つとされています。

 

つまり、無臭ニンニクを指してジャンボニンニクと呼ぶことはあっても、
無臭ニンニクではない大きなニンニクに対しては、
無臭ニンニクと呼ばないということです。

 

ただ、ジャンボニンニクにも意外と品種がたくさんあり、
生産者、生産地によってはどのような品種であっても、
ジャンボニンニクと呼んだり、無臭ニンニクと呼ぶ場合もあります。

 

 

musyuninnikuJumbo (2)

無臭ニンニクとジャンボニンニク

 

 

・臭いの違い

ジャンボニンニクも無臭ニンニクも、
普通のニンニクよりも臭いが少ないので人気が高まっています。

 

ただ、無臭ニンニクはジャンボニンニクの中でも特に臭いが少なく、
普通のニンニクの14分の1ほどしかないのだとのこと。

 

臭いがほとんどしないからといって、
どちらも栄養素的に何かマイナスなわけではありません。

 

ニンニクと同様の栄養素を持ちながら、
臭いだけがほとんどしないというニンニクです。

 

そのため、会社員など臭いを気にする方や、
人と会う前や夜に食べられるのが人気上昇中の秘密のようです。

 

 

jambo

ジャンボニンニクの種球

 

 

・大きさの違い

どちらも一般のニンニクに比べると、とても大きい姿をしています。
ところが、皮を剥いて鱗片ごとにばらしてみると、
はっきりとした違いがあります。

 

ジャンボニンニクとして売られている種球で育てたものは、
鱗片1つ1つがとても大きく、
鱗片1つが普通のニンニクと同じ重さということもあります。

 

反対に無臭ニンニクの方は、全体は大きくても、
鱗片1つ1つは小さく、普通のニンニクと変わらないこともあります。

 

つまり、無臭ニンニクの方は、
小さな鱗片が集まってできた大きな塊ということになります。

*ただし、無臭もジャンボも、寒地系、暖地系、早生、晩生など、
品種が分かれているので、種球を購入するときは、
育てる地域に合っているかどうかを確かめることが大切ですね。

 

*地植え、プランター栽培の方法をわかりやすく書いてみました!
・ニンニク 地植えの栽培
・ニンニク プランターの栽培

 

タグ :  

ニンニク 品種