長芋 コーン ガリバタ醤油

ニンニク栽培.com

長芋とコーンのガリバタ醤油

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク



ご飯にもパンにも、お酒にも合います!

 

 

■長芋とコーンのガリバタ醤油

 

長芋は短冊に切ってわさび醤油で食べたり、すりおろしてとろろにしたりと、
生で食べることが多いですが、実は火を通してもとてもおいしいんです。

 

生の時とはまた違った、ほっくりとした食感がクセになります。
乱切りにした長芋をバターで焼き、仕上げにニンニク醤油で味付けします。

 

バターの芳しい香りにニンニクのパンチ、醤油の香ばしさが加わって、
なんとも食欲をそそる良い香りが漂います。
さらにバターと相性の良いコーンを加えることで、甘みをプラスしました。

 

おかずにはもちろん、パンとの相性も良く、酒のおつまみとしても優秀な、
長芋とコーンのガリバタ醤油を、ぜひ作ってみてください。

 

●材料

長芋……3/1本(200g~300g)
コーン(缶詰)……200g

 

バター……10g
醤油……大さじ1~大さじ2
ニンニク……1かけ

 

●作り方


1.長芋の皮を剥き、一口大の乱切りにします。
皮を剥いてすりおろしたニンニクと醤油を合わせておきます。
缶詰のコーンはザルにあけておきます。

 

 


2.フライパンにバターを入れ、弱めの中火にかけます。
バターが溶けたら、長芋を加えて焼きつけます。
乱切りをして面になった部分に焼き色がつくように焼きます。

 

 

3.ある程度、長芋に焼き色がついたら、コーンを加えて炒め合わせます。

 

フライパンの中身を少し端に寄せ、あいたところにニンニク醤油を入れて、
水分を飛ばし、焦がし醤油を作ります。
醤油の香ばしい香りがしてきたら、全体を混ぜ合わせます。

 

●ポイント

今回のレシピでは、缶詰のコーンを使いましたが、
旬の時期なら生のトウモロコシを使うと、さらに風味がアップします。

 

生のトウモロコシを使う場合は、あらかじめレンジにかけるなどして、
火を通しておき、粒の状態にしておきます。

 

缶詰のコーンは、塩水が入っていることが多いため、
必ずザルにあけて水を切ります。

 

塩分が気になる場合は、少し水洗いをした後、
キッチンペーパーなどで水分をとっておきます。

 

長芋は全面に焼き色をつけなくても、
面になっている部分だけ焼き色をつけるだけでも、火が通ります。

 

生でも食べられるものなので、長芋は無理に中まで火を通さなくても構いません。
少しシャキっとした食感を残す場合は、早めに仕上げに入ります。

 

最後に風味づけのために、少量のバターを加えても良いでしょう。

 

■参考

・ニンニクの醤油漬け
・たこのアヒージョ
・ニンニクと海苔のスープ
・ニンニクのトースター焼き
・ニンニク味噌
・ニンニクと海苔の炊き込みご飯
・レンコンのアリオリサラダ
・叩きキュウリ ニンニク風味
・ガーリックハーブバター



スポンサードリンク

 

タグ :  

ニンニク 料理・つまみ

人気の記事