ニンニク 栽培

ニンニク栽培.com

紫々丸 地植え 2回目の追肥です

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


■紫々丸 地植え 2回目の追肥です

 

こんにちは、Senaです。

 

地植えの紫々丸も追肥を行いました。
ジャンボニンニク、ホワイト六片に続いて、
2回目の追肥をすることができました。

 

まずは越冬前、12月の生育からお伝えします。
12月の観察は12月14日です。

 

 


地植え栽培 紫々丸 12月14日

 

 

ジャンボニンニク、ホワイト六片に比べて枯れ込みが少なかったです。
葉が青々しく、草丈もありますね。

 

紫々丸は生育旺盛な品種なんだと思います。
株元も太さがあり、しっかりしていました。

 

1月に入って1月13日。
寒い日が続いたり、積雪の影響で、
葉がここまで枯れました。

 

 


地植え栽培 紫々丸 1月13日

 

 

紫々丸のもう一つの特徴として、
他品種に比べ、葉が薄いことが特徴だと思います。

 

葉が薄いことから、寒さに耐えきれず、
他品種より枯れやすいのではないかと思っています。

 

草丈が分からないのですが、
下部だけではなく上部の葉まで枯れ、元気がなさそうに見えます。

 

元々、我が家のような冷涼地では育てにくいらしいですが、
このように枯れ込むことが原因なのかもしれませんね。

 

2月後半から暖かくなり、
3月は春のような陽気になりました。
3月9日は、元気よく生長している姿が見られました。

 

 


地植え栽培 紫々丸 3月9日

 

 

1月13日時点では、元気がないように見えましたが、
暖かくなってきたらちゃんと縦に伸びました。

下部の葉は完全に枯れてしまいましたが、
生長する部分は枯れていないので、これからも元気に育ちそうです。

 

この日は追肥も行い、
ジャンボニンニク、ホワイト六片同様、
1回目の追肥を行ったときに開けた穴を利用して化成肥料を与えました。

 

これで追肥はクリアです。

 

紫々丸は地植え栽培とプランター栽培の2か所で行っていますが、
プランター栽培は雪を被った時間が長かったため、
生育に差が出ているように見えます。

 

それでも暖かくなれば、3枚目の写真のように元気になるので、
プランター栽培も元気にまた生長してくれそうです。

 

計画的に追肥を行うことができたので、
今回は前回より品質の良く、揃いの良い、
紫々丸が収穫できるのではないかと期待しています。

 

あとは収穫を待つだけです。
ここからどのように生長するのかも楽しみにしたいと思います。

 

タグ :   

ニンニク栽培記録

紫々丸 地植え 追肥後のようす

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


■紫々丸 地植え 追肥後のようす

 

こんにちは、Senaです。

 

無事に追肥を終えた紫々丸、とても元気に育ってくれています!
追肥後、元気に育っている様子をご覧下さい。

 

まずは10月30日、追肥から約2週間後ですね。

 

 


地植え栽培 紫々丸 10月30日

 


 

タグ :  

ニンニク栽培記録

紫々丸 地植え 追肥完了!

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


■紫々丸 地植え 追肥完了!

 

こんにちは、Senaです。

 

紫々丸も追肥を行い、
これで我が家の地植え栽培、ニンニク品種は全て追肥が完了しました。

 

目標としていた追肥は半分達成です!
今回は1回目の追肥だったので、2回目も忘れないようにします。

 

追肥はジャンボニンニク、ホワイト六片と同日の10月13日に行いました。
10月13日の紫々丸は葉がより伸びていました。

 

 


紫々丸 地植え 10月13日


 

タグ :  

ニンニク栽培記録

ニンニク 地植えの栽培

読了までの目安時間:約 12分

 

スポンサードリンク


■ニンニク 栽培スケジュール

 

ninniku Schedule

 

 

■ニンニク 栽培データ

 

英名・学名 garlic・allium sativum L.
形態 多年草
原産地 中央アジア
草丈/樹高  40cm~50cm
収穫期 5月~6月
栽培難易度(1~5)  2
耐寒性 強い
耐暑性 普通(休眠)
特性・用途  耐寒性が強い、初心者向き

 

 

ニンニクは地植えでたくさん育てても、
長期保存ができるので便利で、とってもおいしいです。

 

使いたい時に自家栽培のニンニクが、
手元にあるということは嬉しいものです。

 

ニンニクは育て方で、質と収量が、俄然上がります。

 

ニンニクの地植え栽培の方法を、
画像・図を添えて、わかりやすくご紹介します。


 

タグ :  

ニンニク栽培 育て方

紫々丸 地植え 発芽揃わず

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


■紫々丸 地植え 発芽揃わず

 

こんにちは、Senaです。

 

地植えで育てているニンニクは発芽しました。
紫々丸は割と発芽が早かったみたいです。

 

というのも、雨が続くなど天候の問題と、
都合が合わずになかなか観察に行けず、
植え付けてから初めて観察にいけたのが9月30日なのです。

 

植え付けたのは9月3日なので、大分、間が空いてしまいました。
そのため、いつ発芽したのか分かりません。

 

9月30日時点、紫々丸はこのくらい発芽し、
このくらいまで生長していました。

 

 


地植え栽培 紫々丸 9月30日

 

 

発芽が不揃いです。
芽だしという作業を行わず、
自然に任せて発芽を揃えるというのはとても難しいようです。

>>ニンニク 芽だし作業

 

ジャンボニンニク、ホワイト六片も同様でした。

 

この日、同時に観察していたジャンボニンニク、
ホワイト六片より大きく育っていた紫々丸。
葉が細く、薄いです。
こういう品種だと分かっていても、草姿は綺麗です。

 

発芽したところが少ない紫々丸、
3日後の10月3日に再度観察したところ、
少し発芽が増えていました。

 

 


地植え栽培 紫々丸 10月3日

 

 

角度が違うので分かりにくいですが、
9月30日時点で出ていた場所プラス3ヶ所くらいは、発芽しました。

 

葉は変わらず立性です。
大きさのばらつきが激しい品種ですね。
発芽が揃わないとこうなります。

 

芽だし作業をしておくべきだったな、と反省中です。
過ぎたことは仕方ないので、来年の課題にします!
来年は芽だしにも挑戦できればなと思います。

 

 

株そのものは、元気に育っています♪

 

 

生育にばらつきは出てしまいましたが、
植え付けて一ヶ月は経っているので、そろそろ追肥の時期。

 

1回目の追肥は植え付けて一ヶ月後というのが基本だそうですので、
今回こそ基本に従って栽培できればと思います。

 

追肥を忘れずに行う、というのが密かな目標だったりします。
追肥をしなくとも、生育しますし、収穫も出来ます。
でも、どうせならしっかり育てて充実したニンニクを収穫したいです。

今年は年内の追肥をまずクリアし、
越冬後は、天候次第で2回目の追肥をしたいです。

 

*こちらの栽培記事は、菜園仲間のsenaさんが担当しています。

 

■参考

・ニンニク 地植えの栽培
・ニンニク プランターの栽培
・ジャンボニンニクの栽培
・行者ニンニク 栽培
・ニンニクの芽 栽培

 

タグ :  

ニンニク栽培記録