ニンニク 栽培

ニンニク栽培.com

紫々丸 地植え 追肥完了!

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


■紫々丸 地植え 追肥完了!

 

こんにちは、Senaです。

 

紫々丸も追肥を行い、
これで我が家の地植え栽培、ニンニク品種は全て追肥が完了しました。

 

目標としていた追肥は半分達成です!
今回は1回目の追肥だったので、2回目も忘れないようにします。

 

追肥はジャンボニンニク、ホワイト六片と同日の10月13日に行いました。
10月13日の紫々丸は葉がより伸びていました。

 

 


紫々丸 地植え 10月13日


 

タグ :  

ニンニク栽培記録

ホワイト六片に追肥しました

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


■ホワイト六片に追肥しました

 

こんにちは、Senaです。
ジャンボニンニクと同日にホワイト六片も追肥をしました。

 

マルチを使った地植え栽培なので、
マルチに穴を開けて、開けた穴に追肥をする形にしてみました。

 

追肥をしたのが10月13日。
この日のホワイト六片の様子はこちらです。

 

 


ホワイト六片 10月13日


 

タグ : 

ニンニク栽培記録

ジャンボニンニクの追肥

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


■ジャンボニンニクの追肥

 

こんにちは、Senaです。

 

ジャンボニンニクは1回目の追肥を行いました。

マルチを使っていて、株間もやや狭いので、少し工夫してみました。

 

追肥を行ったのは10月13日です。
このくらいまで大きくなっていました。

 

 


ジャンボニンニク 10月13日

 

 


 

タグ : 

ニンニク栽培記録

紫々丸 プランター 1回目の追肥

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


■紫々丸 プランター 1回目の追肥

 

こんにちは、Senaです。
プランターで育てている紫々丸に追肥をしました。
1回目の追肥です!

 

紫々丸を植えたのは9月17日で、
1回目の追肥をするのは約一ヶ月後の10月17日近辺が目安です。

 

同時に育てている茎ニンニクより生育が良いので、
無事に追肥をすることができました。

 

10月10日時点の紫々丸はこうなっていました。

 

 


プランター栽培 紫々丸 10月10日

 

 

やっと不安にならないくらい育ってくれました。
葉は立性で、草姿は美しいです。

 

手前のプランターは生育も良いのです。
奥のプランターの紫々丸はあまり良くないですね。

 

 


奥のプランター 紫々丸 10月11日

 

 

この日に追肥をしました。
追肥に使ったのは、化成肥料です。

 

プランターの中央あたりに溝を作り、
その溝にパラパラと肥料を入れ、軽く混ぜてから土を被せました。

 

ニンニクなどに使う専用肥料があれば良かったのですが、
家には置いておらず、畑に置いてあったので使いませんでした。
畑のニンニクは、専用肥料を使いましたよ!

 

とりあえず、追肥が出来て一安心しました。
追肥はタイミングが難しいです。

 

植え付けて一ヶ月後が1回目の追肥の目安だそうで、
今後はそれを目安に追肥が出来るようにしたいです。

 

追肥は終わったので、あとは乾燥しないように管理するだけです。
冬になり、休眠してからはあまりすることがないと思います。
休眠するとどうなるか、楽しく観察したいです。

 

もしかしたら、冬になる前に冬枯れの状態になるかもしれません。
過去に栽培してきて、冬になると枯れてきたので、
今年も冬枯れの状態になると思っています。

 

雪が降ってくると、水やりも不要になりそうです。
今年の天候は読みにくく、雪がどのくらい降るかも分かりません。
ニンニクは耐寒性が強いので、多少の雪くらいなら平気でしょうね。

 

雪も降らなくなって、越冬したらまた追肥の時期になります。
ニンニクは、2回~3回、追肥を行うそうですね。
忘れないように今からメモを取っておこうと思います。

 

*こちらの栽培記事は、菜園仲間のsenaさんが担当しています。

 

■参考

・ニンニク 地植えの栽培
・ニンニク プランターの栽培
・ジャンボニンニクの栽培
・行者ニンニク 栽培
・ニンニクの芽 栽培

 

タグ :  

ニンニク栽培記録

茎ニンニク 本葉6枚に!

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


■茎ニンニク 本葉6枚に!

 

こんにちは、Senaです。

茎ニンニクがほとんど発芽し、
その後の生育も順調です。

まずは、庭に植えた茎ニンニクから。
10月5日時点では、一部分だけ発芽していませんでした。

 

 


茎ニンニク 庭 10月5日

 

 

手前左側です。
ここだけ何で出ないんだろう? と思っていました。

 

後日判明したことですが、
近所の猫ちゃんが、この場所だけを掘っていたそうです。

 

そのため、発芽していなかったみたいです。
この場所だけは発芽は見込めないかも、と諦め気味でした。

 

それでも、5日後の10月10日になると、
猫ちゃんが掘ったあたりも発芽してくれていました!

 

 


茎ニンニク 庭 10月10日

 

 

これで、発芽がほぼ揃いました。
株の量があるので、発芽した姿も素敵ですね。

 

プランターのほうはと言うと、少し発芽が悪いです。
出たり出なかったり、生育にもバラつきが出てしまっています。

 

 


茎ニンニク プランター 10月10日

 

 

そもそも植えた数が少ないので、
より発芽が悪いように見えるのもあるかと思います。

 

育ってしまえばあとは一緒なので、
発芽していないところも今後、頑張って欲しいです。

 

あとは特別なことはせずに、土が乾いたら水やりをしていました。
10月23日にはここまで大きくなっていました。

 

 


茎ニンニク 庭 10月23日

 

 

とても元気に生長してくれています。
本葉6枚くらいになっていて、草丈もそこそこあります。
雪が降る前にここまで大きくなってもいいのか、少し疑問です。

 

茎ニンニクの育て方は、普通のニンニクと同じなので、
基本に沿って栽培すれば大丈夫なはずです。

 

冬、寒くなってきて、休眠するまでは、
乾燥しないように気をつけることが大事でしょうか。
あと、追肥が大事と言われているので10月半ばには追肥をする予定でした。

 

庭のニンニクは、密植気味になっているので、
どうやって追肥をすればいいんだろう、
と考えているうちに時間が経ってしまい、
今から追肥をしても良いのか分からないまま、現在まで来てしまいました。

 

流石にここまで大きくなってしまったら追肥は遅いですよね?

 

茎ニンニク、今年は追肥せずに育てることになりそうです。
追肥のことも考えて栽培すべきでした、反省です。

 

*こちらの栽培記事は、菜園仲間のsenaさんが担当しています。

 

■参考

・ニンニク 地植えの栽培
・ニンニク プランターの栽培
・ジャンボニンニクの栽培
・行者ニンニク 栽培
・ニンニクの芽 栽培

 

タグ : 

ニンニク栽培記録

1 2 3 8