ニンニク 栽培

ニンニク栽培.com

行者ニンニク 通販

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


gyojyaninniku4

行者ニンニクは幻の山菜といわれるほど、
見つけるのも収穫するのも難しい植物です

 

 

その分、滋養強壮の効果があり、
健康維持のためにぜひ食べたい食品の一つです。

 

ところが、自制している地域や環境が限られているため、
流通している量も非常に少なく、スーパーなどで並ぶことがあっても、
高価でなかなか入手できないこともあります。

 

そんな行者ニンニクも、ネットでなら購入可能です。
生のものから、加工されたものまであり、用途や好みによって選ぶことができます。

 

また、自分で栽培にチャレンジしてみたい人のために、苗の販売もあります。
生の行者ニンニクや苗を販売しているお店をご紹介します。

 

 

gyojyaninniku (2)

家でも育てています

 

 

[行者ニンニク 通販]

 

 

■行者ニンニク 販売店

 

◎スイートベジタブルファクトリー
こちらのお店では、北海道の富良野産の野菜や果物、
スイーツなどを中心に扱っています。

 

その中でも注目は、やはり天然の行者ニンニクです。
北海道の冷涼な気候で育った、天然の行者ニンニクはとても珍しく、
しかもたっぷりと入っているのにお値打ちです。

 

天然物のため、販売期間や発送時期には限りがありますが、
一度天然物を食べてみたい人にはお勧めです。

 

◎最北の海鮮市場
こちらでは、カニやホタテなどの海鮮類から、
野菜やスイーツなど、北海道産の食品をたくさん取り扱っています。

 

行者ニンニクは天然物を扱っていて、
好みで500g入りと1kg入りを選べるのも嬉しいところです。

 

その天然の行者ニンニクの下処理を済ませ、
ボイル済みにして冷凍した商品も販売しています。

 

行者ニンニクを初めて食べる人にとって、
下処理は少し難しかったり、面倒だったりします。

 

茹でる時も、茹ですぎでぐずぐずになってしまうこともあるので、
すでにボイルされているこちらの商品はとてもありがたいです。

 

冷凍した状態で送られてくるので、解凍して適当な長さに切り揃え、
まずはおひたしにして食べるのがお勧めです。
他にも、調味液に漬けたり、炒め物や卵焼きの具にすることもできます。

 

◎北海谷
こちらのお店では、北海道ならではのご飯のおともになりそうな、
シュウマイやふりかけ、お酒の肴にぴったりの鮭とばなどを取り扱っています。

 

北海道のお土産として有名な、白い恋人やとうきびチョコなどもあるので、
気軽に北海道の味覚をネット購入することができます。

 

行者ニンニクも、天然の生のものを取り扱っています。
新鮮な行者ニンニクを、秘伝の醤油ダレで漬けこんだ醤油漬けも美味。

 

ハチミツを使った秘伝の醤油ダレと、
行者ニンニクの食欲をそそる香りで、ご飯が止まらなくなりそうです。

 

 

■行者ニンニクの苗 販売店

 

◎ファームフローラル
一般的な花やハーブ、野菜の種や球根、苗の販売から、
おいしい果物の販売までしています。

 

人気のバラ苗も多く取り扱っており、
ガーデニングに必要な土やプランターなどの資材もあります。

 

行者ニンニクの苗は、2.5号サイズのポットに入って販売されています。
苗には、1芽~2芽ついており、1ポットから購入できるので、
育ててみたいけれど高い苗を買うには勇気が必要という方にお勧めです。

 

苗自体も高過ぎず、気軽に行者ニンニク栽培を始められそうです。

 

◎メデタシ種苗
自然薯やクコ、アピオス、ヤーコン、菊芋など、
古くから日本で滋養強壮に効くとされている植物や、
最近話題の野菜など、少し珍しい苗を取り扱っています。

 

こちらのお店では、行者ニンニクの苗と種の販売があります。
苗は北海道の提携農場で育てられたもので、大ぶりで元気な苗が届きます。

 

3年生苗と4年~5年生苗があり、何年養生した苗かによって、値段が異なります。
3年生苗なら50本、4年~5年生苗なら20本から購入可能です。

 

◎七ヶ宿農園
行者ニンニクの苗のみを販売しています。
取り扱いが行者ニンニクだけかとあなどってはいけません。

 

行者ニンニクの苗といっても、珍しい8年生の販売をしているお店です。
行者ニンニクは、何年も育てることができる多年生の植物で、
生長するほど良い葉を収穫することができます。

 

販売ページには、4年生・6年生・8年生の苗の画像がつけられており、
年数によって太さが違うのがよく分かります。
4年生と8年生の販売がありますが、どちらも50本単位での販売となります。

 

◎紫桜館 山の花屋 楽天市場店
こちらでは、山野草や山菜の苗を多く取り扱っています。
同じ山菜でも、少し珍しいものがあったりと、
店内を見ているだけでも楽しい気分になりますね。

 

行者ニンニクは、通常株と6年生~8年生の特大株の2種類があります。
初心者でも気軽に購入できる2株や5株のもの、
20株セットのもの、40株、100株セットもあります。

 

最も多いのは、なんと1000株のセットです。
1000株単位になると、値段の数字が大きくなるため、
非常に高価なように感じますが、1株単位で計算すると、
5株購入する時よりかなりお得になっています。

 

行者ニンニクの苗が大量に必要な場合や、
たくさんの人と一緒にまとめて買う時には便利です。

 

■参考

・ニンニク 地植えの栽培
・ニンニク プランターの栽培
・ジャンボニンニクの栽培
・ニンニクの芽 栽培
・行者ニンニク 栽培

 

タグ : 

行者ニンニク

行者ニンニクの食べ方

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


gyojyaninniku2

行者ニンニクを育ててみたり、買ってみたりしたものの、
どうやって調理すると美味しいのでしょう?

 

 

馴染みの少ない行者ニンニクですが、
簡単に調理することができますし、調理法もたくさんあります。

 

ここでは、行者ニンニクを食べる時の下処理の方法と、
お勧めのレシピをご紹介します。

 

 

[行者ニンニクの食べ方]

 

 

●下処理

 

基本的に、パッケージングされる前に軽く洗ってあります。
ただ、細かい土などが残っていることがあるので、まずは水で洗います。

 

葉が開いているものであれば、表面と裏面をさっと流します。
まだ葉が開いていないもの、さっと水で流します。

 

軸の切り口の部分だけは、細かい砂や土が入り込んでいることがあるので、
少し丁寧に洗います。

軸の表面の皮(はかま)の部分は、そのまま一緒に調理して食べられます。

 

ただ、この部分は特に香りが強い上に、
表面一枚の皮の下に土が入り込んでいることがあるので、
面倒でなければはずしておきます。
皮を一枚はがした後は、軽く水で洗って流しておきます。

 

 

●茹でる

 

行者ニンニクは火が通りやすいので、煮込まないようにするのがポイントです。
さっと茹でたものを適当な大きさに切って、和え物などに使います。
茹で時間は20秒ほどで十分です。

 

茹でた後は、水にさらして粗熱をとっておくと、色が悪くなりません。
水からあげた行者ニンニクは、水分をたくさん含むので、軽くしぼっておきます。

 

 

■行者ニンニクのおひたし

 

茹でた行者ニンニクに、醤油をかけて和えるだけの簡単な一品です。

 

●材料と作り方
行者ニンニク(茹でたもの)……好きなだけ
醤油、鰹節……適量

 

1. 茹でた行者ニンニクは水気を絞って、食べやすい長さに切る。
2. 切った行者ニンニクを器の中に入れ、上から醤油を回しかける。
3. 醤油を全体に回るように混ぜたら完成です。

 

・鰹節やすりごまなどを加えると、また一味違っておいしくなります。
・醤油の代わりにポン酢でもお勧めです。

 

 

■行者ニンニクのサラダ

 

サラダといっても、行者ニンニクは生ではなく茹でたものを使います。

 

●材料と作り方
行者ニンニク(茹でたもの)……好きなだけ
レタス、キャベツ、トマト、キュウリなどお好みの野菜……好きなだけ
ドレッシング……適量

 

1. 茹でた行者ニンニクは軽く水気を絞り、好みの長さに切る。
2. 用意したドレッシングの中に切った行者ニンニクを加えてよく混ぜておく。
3. 好みの野菜を刻み、ボウルに入れて混ぜ合わせる。
4. ボウルに入った生野菜の上から、行者ニンニク入りのドレッシングをかける。

 

・行者ニンニクは、食感を楽しみたい場合は長めに切り、
ドレッシングの一部として入れたい場合は細かく切ると馴染みます。
・ドレッシングは、クリーミーなものよりも、シソや中華ドレッシング、
和風ドレッシング、フレンチドレッシングなどの、さっぱり系がお勧めです。

 

 

gyojyaninniku3

野菜炒めにもおいしいです

 

 

●炒める

 

行者ニンニクは炒めものにしてもおいしくいただけます。
火の通りが早いので、最後に入れるとシャキっと感が残せます。

 

 

■行者ニンニクの卵炒め

 

パンチのある行者ニンニクと、ふわふわの卵の相性は抜群です。

 

●材料と作り方
行者ニンニク……一束
卵……2個
塩……少々
醤油……小さじ1
油……小さじ2~小さじ3

 

1. 洗った行者ニンニクを食べやすい長さ(5cmくらい)に切る。
2. ボウルに卵を割り入れ、塩を加えてよく溶いておく。
3. フライパンに油を入れて火にかけ、温まったら行者ニンニクを入れて炒める。
4. 行者ニンニクに油が回ったら、醤油を加えて炒める。
5. 行者ニンニクが少ししんなりしたら、溶いた卵を回しかけて炒め合わせる。
6. 卵に火が通ったら、皿に持って完成です。

 

・行者ニンニクは火を通しすぎないように注意します。
・醤油ではなく、だし醤油でもいいですし、塩だけでもおいしいです。
・油はサラダ油ではなく、ごま油で作ると香ばしく仕上がります。

 

 

gyojyaninniku1

ジンギスカンにも合います

 

 

■行者ニンニク入りジンギスカン

 

同じ北海道名物であるジンギスカンに入れてもとてもおいしいです。
羊肉の臭みを行者ニンニクが抑えてくれます。

 

●材料と作り方
行者ニンニク……好きなだけ
ジンギスカン用味付け肉……好きなだけ
ニンジン、タマネギ、キャベツなどの野菜……お好みで
油……適量

 

1. 行者ニンニク、お好みの野菜を食べやすい大きさに切っておく。
2. ジンギスカン用の鍋を火にかけ、油を全体に塗る。
3. 鍋の縁に行者ニンニク以外の野菜を置き、山型の部分に肉を乗せて焼く。
4. 肉から脂が出てきたら、隙間で行者ニンニクを脂に絡めながら炒める。
5. 火が通ったものから食べる。

 

・鍋は専用の鍋がなくても、ホットプレートで代用できます。
・油はサラダ油でも良いですが、羊肉の脂か牛脂があるとなおおいしくなります。
・行者ニンニクは火が通りすぎないように注意します。

 

 

■その他

 

今回ご紹介したレシピ以外にも、たくさんのレシピがあります。
山菜といえば、天ぷらです。
行者ニンニクは天ぷらでもおいしくいただけます。

 

他にも、生のままかさっと茹でて刻んだ行者ニンニクを、
醤油に漬け込む行者ニンニクの醤油漬けなども手軽ですが、
酒のつまみやご飯のおともになります。

 

行者ニンニクは火を通しすぎないのが、おいしくいただくコツです。

 

■参考

・ニンニク 地植えの栽培
・ニンニク プランターの栽培
・ジャンボニンニクの栽培
・ニンニクの芽 栽培
◎行者ニンニク 栽培

 

タグ : 

ニンニク 料理・つまみ

行者ニンニク

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


gyojyaninniku (2)

天ぷらにしたら美味でした!

 

 

行者ニンニクの名前は知っているが、
見たことがないというかたも多いでしょう。

 

北海道で有名な山菜の一つなので、
一般的に見かける球ニンニクとはまったく別のものです。
山菜なので山の中に自生していることが多い植物です。

 

ニンニクではないのにニンニクと呼ばれる行者ニンニクとは、
どのようなものなのでしょうか。

 

 

[行者ニンニク]

 

 

■行者ニンニクの特徴

 

・色・形
農家が栽培して「行者ニンニク」という食用の商品として出荷しているものは、
アスパラや伸びかけたネギやニラのような姿をしています。

 

本来であれば、軸から伸びた葉が広がり、スズランのような形になります。
スズランの葉の形と似ていて、行者ニンニクと間違えてスズランの葉を食べ、
中毒を起こすこともあり、注意が必要です。

 

地際に近い部分の軸は、少し赤紫色になっていて、
葉の緑と軸の薄い緑~白っぽい色とのコントラストも美しい植物です。

 

行者ニンニクはとても生長が遅い植物ですが、
何年も育てていると花を咲かせるようになります。

 

花はニラと似たような形をしていて、
長い花茎の先端に、白い小花が球状に集まります。

 

花の後には種ができ、種は熟すと黒くなり、
小さな袋がはじけて外に飛び出す仕組みになっています。

 

 

gyojyaninniku (5)

芽吹く行者ニンニク

 

 

・香りと味
行者ニンニクと混同されやすいのが、葉ニンニクです。
球ニンニクの鱗片をばらして植え、
伸びてきた葉を刈り取って食用とするのが葉ニンニクです。

 

葉ニンニクは、どちらかというと幅の広いニラといった姿をしているため、
行者ニンニクと比べると細い葉をしています。

 

行者ニンニクは、さすがにニンニクと名づけられるだけあり、
味も香りもニンニクそっくりです。

 

状態の良いものであれば、葉ニンニクよりも香りも味も濃厚になります。
ニンニクの香りの元となるアリシンという成分が、
行者ニンニクはたくさん含まれています。

 

そのため、行者ニンニクはニンニクと同じか、
それ以上に濃い味と香りを楽しむことができます。

 

基本的には、油で炒めたり、天ぷら、軽く茹でたものを和え物にしたり、
汁の実、醤油漬けなどにして食べることができます。

 

生食もできますが、少し食感がごわつくことがあるので、
軽くでも火を通した方が食べやすくなります。

 

また、行者ニンニクは、葉があまり開いていない状態で収穫し、調理します。
若い葉の方が柔らかく食べやすいですが、
多少葉が開いたものでも、食べるのに問題はありません。

 

 

gyojyaninnniku

行者ニンニクは、半日蔭を好みます

 

 

■行者ニンニクの栽培のコツ

 

球ニンニクであれば、秋に植えた鱗片を翌年の初夏に収穫します。
ところが、行者ニンニクは種から育てると、収穫までに5年ほどかかります。

 

株が充実するまでは、収穫できる量もとても少ないため、
7年や8年ほどすでに栽培してある苗を購入して育てると、
すぐに収穫して楽しむことができます。

 

行者ニンニクは、球ニンニクとは、栽培環境も育て方も違うので注意します。
暖地でも中間地でも寒冷地でも栽培はできますが、
中間地や暖地では夏越しに注意します。

 

行者ニンニクは寒さに強く、夏は少々苦手です。
半日陰で西日の当たらない、風通しの良い涼しい場所で夏を越すようにします。

 

この夏の間や秋口に乾燥させすぎると、
根が傷んで枯れることが多くなるので、土の乾燥には注意します。

 

冬は地上部が枯れることがほとんどですが、
根は生きていて、地中で冬が過ぎるのをじっと待っています。

 

軸の太さが鉛筆より太くなったら、収穫ができるようになります。
ただし、すべての葉を刈り取ってしまうと、株が著しく弱ってしまい、
翌年まで生き残ることができなくなります。

 

収穫時は、刈り取って収穫するのは全体の三分の一程度にとどめ、
あとは残して株の養生のために使います。

 

また、収穫する時は、地際の軸を数センチ残して刈り取ります。
少し軸を残すことで、地際きっちりまで刈り取るよりも株の回復が早くなります。

 

行者ニンニクの栽培は、環境に注意すればそれほど難しいものではありません。
ただし、毎年量を減らさず、株も弱らないように加減するのが難しいです。

 

■参考

・ニンニク 地植えの栽培
・ニンニク プランターの栽培
・ジャンボニンニクの栽培
・ニンニクの芽 栽培
◎行者ニンニク 栽培

 

タグ :

ニンニク 品種