葉ニンニク,普通種

ニンニク栽培.com

葉ニンニク 普通種でできる?

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


葉ニンニク、ハーリック

 

 

葉ニンニクは、一般的な球ニンニクとは違い、葉の部分を食用とします

葉ニンニクは、家庭菜園でも気軽に育てられる野菜です。

 

葉ニンニク用の種球なども市販されていますが、
専用品種ではなく、普通種でも育てられるのでしょうか。

 

 

[葉ニンニク 普通種でできる?]

 

 

■葉ニンニクとは?

 

ニンニクといえば、一般的には地下にできる球(鱗片が集まった部分),
を食用とする野菜です。
スーパーなどで見かけるのも、球ニンニクがほとんどです。

 

けれど、ニンニクは球部分以外にも、利用価値の高い部分があるのです。
その1つが、葉ニンニクです。

 

葉ニンニクは、文字通りニンニクの葉を食用としたものです。
外見はニラによく似ていますが、ニラより葉の幅が広く、厚みがあるのが特徴です。
食べてみると、さらにニラやネギとはまったく違った風味で、その違いが分かります。

 

ニンニクの一部であるため、球ニンニクと似たような香りがあり食欲をそそります。
球ニンニクよりも香りはマイルドなので、食べた後の臭いが気になる方や、
ニンニクの強い香りが苦手な方でも、食べやすく人気があります。

 

食感はシャキシャキとしていて、細かく刻んで餃子に入れたり、
スープや炒め物、揚げ物などに使ってもおいしいです。

 

利用できる料理の幅が広いので、葉ニンニクを大量に収穫しても、消費に困りません。

 

葉ニンニク以外には、花茎を食用としたニンニクの芽や、
鱗片から根と芽を少し伸ばした状態の芽ニンニクなどがあります。

 

それぞれ食味や香りに違いがあり、好みに合わせて食べられるのが、
ニンニクの魅力です。

 

 

紫々丸の葉ニンニクは、パンチがあっておいしいです

 

 

■葉ニンニク 普通種でできる?

 

葉ニンニクは、ニンニクが生長する過程で発生する葉の部分を収穫したものです。
そのため、葉ニンニク専用の品種でなくても、葉ニンニクを収穫できます。

 

ただし、葉ニンニクとして育てる場合、
育った葉を収穫することとなるので、球部分の肥大は期待できません。

 

ニンニクは地上部で育った葉が光合成することで、養分を作って球に溜めこみます。
その葉を収穫するので、光合成量が通常よりも少なくなり、球の肥大が悪くなるのです。

 

球が肥大しない分、株間を狭くした状態で栽培が可能です。
密植栽培することで、たくさんの葉ニンニクが収穫できます。

 

この密植栽培では、鱗片が大きい品種よりも、小さい品種を選ぶのがお勧めです。
鱗片が大きいホワイト六片などは、球ニンニクとして食べる分には良いですが、
葉ニンニクとして育てるのであれば、株間を少し広めにとる必要があります。

 

暖地向き品種である上海早生や嘉定種などは、鱗片が小さく、
1球にたくさんの鱗片がついているので、葉ニンニクとして栽培しやすい品種です。

 

 

ホワイト六片は、球ニンニクの鱗片の選別をした時の小さい鱗片を使うと良いです

葉ニンニクを試したら、肉厚でおいしかったです

 

 

ホワイト六片で葉ニンニクを育てたい場合は、
球ニンニクの栽培に使うための鱗片の選別をした時、
小さいからとはずしたものを使うのが良いでしょう。

 

大きな鱗片は球ニンニク栽培へ、小さい鱗片は葉ニンニク栽培に使えば、
種球の無駄も出ず葉ニンニクと球ニンニクを栽培できます。

 

■関連記事

・葉ニンニクの育て方
・葉ニンニク 嘉定
・ハーリック
・グリーンスワンミャオ
・葉ニンニク 種

 

■参考

・ニンニク 地植えの栽培
・ニンニク プランターの栽培
・ジャンボニンニクの栽培
・行者ニンニク 栽培
・ニンニクの芽 栽培



スポンサードリンク

 

タグ : 

ニンニク栽培 Q&A

人気の記事