ニンニク 栽培

ニンニク栽培.com

ニンニク 発芽から収穫まで

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


ninniku-sikumi (1)
ニンニクは、どのようなサイクルで育っているのでしょうか?

 

 

植え付けてから発芽し、収穫するまでの間、
地上部と地下ではどのような動きをしているのでしょうか。

 

 

■休眠~発芽

 

・休眠
ニンニクは球の肥大が終わると、
葉が枯れて鱗茎は高温になると休眠に入ります。

 

休眠の時期は、7月上旬~9月上旬とされ、
だいたい1か月~2か月の間休眠します。 

 

休眠期間は品種によって異なり、
暖地向きの品種は短く、寒冷地向きの品種は長い傾向にあります。

 

中には休眠をしない品種もあります。

 

休眠していたニンニクは、
自然下で8月中旬~9月上旬頃に休眠からさめます。

 

休眠がさめるためには、
ある程度の寒さに当たる必要があります。

 

 

ninnniku

休眠から目覚めて発芽(2015.09.19)

 

 

・発根、発芽
休眠がさめた鱗片を植え付けると、
まずは1週間~2週間ほどで根が伸びてきます。

 

根が伸び始めた後、発芽葉が地上に出て、
それに続いて普通葉が伸びていきます。

 

植え付けてから発芽するまでは、
だいたい20日くらいの日数が必要となります。

 

品種よって発芽の状態が異なり、
暖地向き品種では発芽がそろいやすく、
寒冷地向き品種ではばらつきが出やすいことが多いようです。

 

 

ninniku (2)

降雪にも頑張るニンニク

 

 

■越冬

 

発芽してから、本格的に寒くなって生育が止まるまで、
ニンニクは葉を展開させながら生育していきます。

 

ニンニクの生育温度は15度~20度とされ、
普通葉が伸びてくるようになった後は、
休眠時に比べると耐暑性も耐寒性も落ちてしまいます。

 

植え付けから生育が止まるまでは、葉数も草丈もさほど育ちません。
寒冷地で葉数が2枚~3枚、
暖地で葉数が4枚~6枚、草丈が20cm~40cm、 

ほど確保できていれば、順調に生育していると言えます。

 

 

■春~収穫

春を迎え、越冬を済ませたニンニクは、
生育がとても盛んになります。

 

それと同時に、病気にかかったり害虫がつくことが増えるため、
観察し対処をしておく必要があります。

 

特に、長雨の後にはさび病などの、
カビ類の病気が広がりやすくなります。
>>ニンニクの病気

 

・越冬後
冬を越し、春になると再びニンニクが目に見えて生育を始めます。
地上部では、2週間~3週間に1枚のペースで葉を増やし、
その分葉鞘も伸びていきます。

 

大きくなった地上部を支えるため、
地下では根の生育も旺盛になります。

 

・鱗茎肥大
冬の寒い時期、生育と止めていたニンニクは、
その間に花茎と鱗片の分化の準備を済ませています。

 

気温がだんだんと上がり、
日が長くなってくると、まず花茎の分化が進みます。

 

花茎の分化が始まった後、鱗片も分化を始めます。
その後は鱗茎の肥大が進み、鱗茎が成熟していきます。

 

この鱗茎が肥大する時期が、
最も日照を必要とするので、日当たりの確保に努めましょう。 

 

鱗茎が成熟すると、休眠の準備を始めるため、
葉が下から枯れていきます。

 

寒冷地向きの品種では、
鱗茎の肥大が十分に行われる前に、
気温が25度を超えると、肥大が止まってしまいます。

 

そのため、寒冷地向きの品種を暖地で育てると、
小さいニンニクしか収穫できないことがあるので気をつけます。

 

ニンニクの収穫は、だいたい5月下旬~6月頃です。
しかし、収穫適期を見分けるのは最初は難しいので、
下記をご覧になってみてください。 

 

■参考
・ニンニクの収穫時期
・ニンニク 収穫方法

 

タグ :  

ニンニク栽培の基本