ニンニク直売店

ニンニク栽培.com

ニンニク直売店

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


ninnniku (10)

ニンニクを実際に見て買えるのは安心ですね

 

 

ニンニクが買えるのはスーパーや八百屋だけではありません。
ニンニクを実際に育てている農家の方や、農協を通して直接購入できます。

 

いわゆる直売店での購入となりますが、
直売店でニンニクを買う時の利点は、育てた人の顔が見えることです。

 

現在ではインターネットの普及にともない、
インターネットでの直売もだんだんと増えています。

 

販売サイトの運営も農家の方が直接行っているところも多いため、
日々のニンニクの生長を日記形式で紹介しているところもあります。

 

自分の口に入るニンニクが、どのような人たちによって、
どういう風に育っているかが分かるというのは、安心で嬉しいものです。

 

ここでは、人気のニンニク直売店をご紹介します。

 

 

■ニンニク直売店

 

・たっこにんにく直営販売店 沢田ファーム

ニンニクといえば青森県が有名ですね。
こちらの沢田ファームさんは、青森県田子町にあるニンニク農家です。

 

田子町は冬の寒さが厳しく、じっくりとニンニクが育ちます。
日本では人気の高い、ホワイト六片を多く生産していることでも知られています。

 

こちらでは、収穫直後の期間限定で、乾燥前の生ニンニクも購入できます。
乾燥させた一般的なニンニクに比べると、
水分をたっぷりと含んでいるため、味も風味も格別です。

 

他にも乾燥させたニンニクや、発酵させた黒ニンニクなどの販売もあります。
栽培用の種ニンニクも販売しているので、
食べてみて気に入った方は育ててみるのも面白いでしょう。

 

・にんにくのよしだ家

こちらも青森県の農家さんの直売店です。
販売サイトがとても作りこまれているため、
初めての方でも見やすく、買い物が楽しくできます。

 

ニンニクは鱗片1つ1つが大ぶりなホワイト六片です。
サイズ別に値段が設定されていて、好みのサイズを購入できます。

 

こちらで販売しているホワイト六片を、種子として販売もしています。
ただし、食用として販売されているものは、冷蔵処理されているので、
栽培用に使っても芽が出ないことがほとんどです。

 

栽培するために購入するのであれば、種子用のニンニクを購入しましょう。
種子用のニンニクには、栽培マニュアルもつけられているので、
初めて育てる方でも安心です。

 

ニンニクだけでなく、ニンニクの加工品も豊富に取り扱っていますし、
サイト内にニンニクを使ったレシピ紹介もあるので、買い物以外でも楽しめます。

 

 

kuroninnikuD

黒ニンニクも人気です!

 

・にんにくや.jp
こちらも青森県の農家さんです。
販売しているニンニクは、人気のホワイト六片で、
サイズや品質の違いによって値段が分けられています。

 

家庭用も量がたっぷり入っていますが、業務用もすごい量です。

 

本来なら販売されることが少ないC品も購入することができますし、
すでに皮も剥かれたむきニンニクの販売もあります。
家庭で楽しむのはもちろん、お店でも出せるおいしいニンニクです。

 

球の状態での販売はもちろん、皮つきの鱗片ごとにばらしたもの、
皮を剥いたもの、ニンニクチップやパウダーまであります。

 

こちらでは種子用の販売はありませんが、
販売用のニンニクは専用の冷蔵庫にて保存されているため、
収穫時の状態をそのまま保ったままです。

 

冷蔵庫がとても大きく、新鮮なニンニクを年中販売することに成功しています。
冷蔵庫から発送までの間に、一度長いも用の冷蔵庫で慣らしているため、
急激な温度変化で変質することも防いでいます。

 

・農業生産法人株式会社松尾農園グループ

こちらは九州の直売店です。
栽培している地域の気候の都合で、
なんとニンニクとお米の二毛作が可能な土地なのです。

 

一般的な地域では、ニンニクの収穫時期と稲の植え付け時期、
米の収穫期とニンニクの植え付け時期が重なることが多いため、
この組み合わせでの二毛作は難しいことが多いです。

 

ところが、こちらでは植え付けと収穫のタイミングが良いため、
米とニンニクの二毛作が可能なのです。

 

水田にすることでニンニクの病原菌を減菌することができ、
ニンニク栽培のおかげで米が健全に育つのです。

 

こちらで販売されているニンニクは、八片ニンニクで「嘉定種」という品種です。
原種に近いニンニクなので、ニンニクとしてのパワーもとても強いのが特徴です。

 

球状の丸ごとニンニクはもちろん、鱗片ごとにばらしたものや、
剥きニンニク、ニンニクチップやすりおろしニンニクも販売されています。
最近人気が高まっている黒ニンニクの取り扱いもあります。

 

・にんにくや岡崎商店

こちらは様々なテレビ番組でも紹介されている、
たっこニンニクを直販しています。

 

一般家庭用のニンニクはもちろん、
業務用のばらニンニクや剥きニンニクなどの販売もしています。

 

収穫したニンニクは、専用の冷蔵庫に入れることによって、
ニンニクを休眠状態に保ち、鮮度を保つことができます。

 

季節限定の生ニンニク、それも特大サイズの上物を購入できるのも、
こちらのお店ならではの魅力です。

 

■参考

・ニンニク 地植えの栽培
・ニンニク プランターの栽培
・ジャンボニンニクの栽培
・ニンニクの芽 栽培
・行者ニンニク 栽培



スポンサードリンク

 

タグ :

ニンニク

この記事に関連する記事一覧