ニンニク ネギコガ

ニンニク栽培.com

ニンニク ネギコガ

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


negikoga-sanagi

ネギコガの蛹

 

 

ニンニクに発生しやすい害虫に、ネギコガという虫がいます。
おもに幼虫が葉を食害するのですが、
一般的なイモムシのように外側にはおらず、葉の内側にいます。

 

発生してから気づくまでに時間がかかることも多いため、
発生時期にはくまなくチェックしておく必要があります。

 

 

[ニンニク ネギコガ]

 

 

■発生する時期と状況

 

夏から秋にかけて発生します。
ニンニクの植え付け後、葉が少し伸びてきた頃から、幼虫の被害が出始めます。

 

ネギコガの幼虫は、葉の内部に入り込んで、内側を食害します。
葉をよく見てみると、緑色の葉の中に、一筋色の違う部分がある場合があります。

 

その部分をさらによく見ると、中に幼虫が入っているのが見えることがあります。
また、食害が進んでいると、葉の内側に残った黒っぽい糞が目視できます。

 

生長した幼虫は、それまで食害していた葉の内側から外に出てきて、蛹になります。
晩秋に産み付けられた卵は、孵化して食害し、
蛹の状態になって冬を越し、翌年に羽化して成虫になります。

 

ネギコガは蛾の仲間ですが、黒っぽい茶色で細長い姿をしています。
蛹は網目状になっているので、小さくても葉の上に蛹でついているとよく分かります。

 

数匹の被害であれば大したことはありませんが、
1枚の葉に複数の幼虫が入り込んでいたりすると、
1株でも相当な数の被害に合うことになります。

 

ネギコガはニンニク以外にも、ネギやタマネギなど、
同時期に栽培する似たような野菜にも産卵します。

 

なので、近くにネギやタマネギを育てている場合、
どこから被害が広がるかわからないので注意が必要です。

 

 

negikoga-syokugai

ネギコガの食害の痕

 

 

■発生原因

 

ネギコガは、管理に問題があるから卵を産むわけではありません。
どこからともなく成虫がやってきて、卵を産み付けていきます。

 

たまにスーパーで売られている野菜に蛹がつき、羽化して成虫となることがあります。
ニンニクを育てている場所の近くに、クズ野菜として蛹のついた部分を捨てると、
すぐ近くにあるニンニクに卵を産む可能性が高くなります。

 

 

■対策

 

防虫ネットをするにも、かなり目の細かいネットでないと、
体の細いネギコガは防ぎきれません。

 

またどこからやってくるのか予想もできないため、
完全に防除するのは難しい場合がほとんどです。

 

ニンニクを植え付けた後、葉が数枚くらいになってきたら、
できるだけこまめの葉のチェックを行うと、発見が早くなります。

 

柔らかい葉が食害されることが比較的多いので、
新しい葉を重点的に見回ると被害が抑えられます。

 

数が少ないうちは、中に幼虫がいるのを見つけたら、その部分を指でつぶしてしまいます。
あるいは、中にいる幼虫をピンセットなどで取りだして捕殺します。

 

蛹を見つけたら取り除いて駆除すると、
成虫になる数が減らせ、春以降の発生も抑えられます。

 

数が多い場合は、オルトラン水和剤やトクチオン乳剤が使えます。
どちらも株全体に殺虫成分を回し、食害した幼虫を殺虫します。
効果が長く続くので、ポイントポイントで施すのがコツです。

 

■参考

・ニンニク 地植えの栽培
・ニンニク プランターの栽培
・ジャンボニンニクの栽培
・ニンニクの芽 栽培
・行者ニンニク 栽培



スポンサードリンク

 

タグ : 

ニンニク 病害虫

この記事に関連する記事一覧