沖縄早生

ニンニク栽培.com

沖縄早生

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


okinawa

沖縄にんにく C)沖縄土産専門店  ←沖縄ファン必見!

 

 

沖縄早生は、名前の通り沖縄で栽培されているニンニクです

 

一般的なスーパーに並ぶことはあまりありませんが、
他の品種に比べて早く収穫できるため人気があります。

 

 

[沖縄早生]

 

 

■沖縄早生の特徴

 

・色・形
球自体が他に比べるとやや小さく、皮には薄い赤紫色~桃色が入ります。
皮を剥けば、真っ白な鱗片が出てくるので、料理に色が出ることはありません。

 

球自体が小さい上に、鱗片が12個前後に分かれるため、1つの鱗片は小さいです。

 

・香りと味
ホワイト六片などに比べると、やや味も香りもマイルドです。
そのため、丸ごと火を通して食べる焼きニンニクや揚げニンニクなどの、
調理法で食べると、少し物足りないことがあります。

 

その分、料理の邪魔をすることがないため、
薬味や料理のアクセントとして使うのがお勧めです。

 

また、火を通さず生のまま醤油などに漬けたものを食べる場合は、
鱗片が小ぶりなこともあり食べやすいです。
1つの鱗片が小さいため、少量だけ使いたい時にも便利です。

 

 

ninnnikuryouri

シチューや焼き肉のたれに入れると甘みとコクが出ます

 

 

■沖縄早生の栽培のコツ

 

名前に沖縄と入っている通り、暖地向きの品種となります。
沖縄早生はたくさんあるニンニクの品種の中でも、極早生の部類に入ります。

 

一般的なニンニクは、冬になると寒さに当たり、生育を止めて休眠状態となります。
その後、春が近づいて気温が上がってくるとまた生育を始めるのですが、
沖縄早生は休眠をしません。

 

冬の間もゆっくりながら生育を続け、
気温が上がり始めると一気に生育スピードを上げます。

 

そのため、他の品種よりも収穫時期が早くなります。
収穫時期が他とは違うため、肥料止めの時期には注意します。

 

球ニンニクとしてはもちろん、葉ニンニクとして育てることもできます。
鱗片が小さいので、株間をやや狭くできるため、
1球が大きい品種よりも株数を多く育てることができるのが利点です。

 

ただ、トウ立ちをしてもほとんど花茎を伸ばさないため、
茎ニンニク(ニンニクの芽)としての栽培にはあまり向きません。

 

■参考
・ニンニクの収穫時期
・ニンニク 収穫方法
・ニンニク栽培 北海道



スポンサードリンク

 

タグ :

ニンニク 品種

この記事に関連する記事一覧