ニンニク栽培 腐る

ニンニク栽培.com

ニンニク栽培 腐る

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


ninniku03

ニンニクを育てていたら、なぜか腐ることがあります

 

 

栽培途中で腐ることもありますし、芽も出ずに腐って終わることもあります。

 

原因は1つではないので、なぜ腐ってしまったのかを突き止めておきましょう。
原因を知っておくことで、同じ失敗を繰り返すのを予防できますます。

 

 

[ニンニク栽培 腐る]

 

 

■植え付けが早い

 

ニンニクは暑さが苦手です。
植え付けは夏の暑さが和らぎ、秋の気配を感じる9月中旬以降が適期です。

 

寒冷地であれば9月中旬~10月中旬まで、
中間地であれば9月下旬~10月いっぱい、
暖地であれば10月中旬~11月中旬といった具合です。

 

適期よりも早く植えたり、例年よりも暑さが続く時に植え付けをすると、
暑さと蒸れで、土の中の鱗片が腐ってしまいます。

 

ニンニクを植え付ける時は、必ず適期を守るようにし、
気温が高いうちは植え付けを控えるようにしましょう。

 

特に暖地は、いつまでも暑い年もあるので、
植え付け時期は慎重に選ぶようにします。

 

 

Mulching

少し高畝にすると良いです

 

 

■水はけが悪い

 

ニンニクを育てている土の水はけが悪いと、
土の中のニンニクが腐ってしまうことがあります。

 

ニンニクは水はけと水もちの両方が良い土を好みます。
多少、粘土質の土であっても育ちます。

 

しかし初心者の方やニンニク栽培にまだ慣れていない人は、
水はけの良い土で育てた方が育てやすいのでお勧めです。

 

ただし、砂地のような水はけが良すぎる場所では、ニンニクがうまく育ちません。
砂地では水はけが良すぎて、水分をとどめておくことができないのです。

 

そうなると、ニンニクが生長する時に、
必要な水分を吸い上げることができず、生育不良になります。

 

水を与えた後、いつまでも水溜まりができている土では、水もちが良すぎます。
反対に、水を与えた後すぐに乾いているような土では、水はけが良すぎます。

 

ふかふかとしていて柔らかく、ニンニクの根が伸びやすい硬さで、
水はけが良く、適度な湿度を保てる土が理想的です。

 

容器栽培をしている場合、市販の培養土を使うことが多いですが、
市販の培養土の中にも、水はけが悪い場合があります。

 

培養土には、ピートモスや赤玉土など、様々なものが含まれていますが、
中でもピートモスを主体にした培養土は注意します。

 

ピートモスはとても細かく、しかも水もちがとても良いのです。
ただ、乾いている状態では水を含みにくく、
最初に水を与える時は、どうしてもピートモスだけが浮いてきてしまいます。

 

しかもピートモスがフタとなってしまい、
中まで水がうまく染み込まず、いつまでも水が溜まった状態になります。

 

なんとか水が抜けたとしても、水の抜け道ができてしまい、
土全体が湿らないことがあります。

 

培養土を使う場合も、一度、排水性のテストをしてみるのがお勧めです。
水はけが悪ければ、腐葉土や赤玉土などを加え、水はけを改良しておきましょう。

 

 

ninniku (8)

病気にかかったと思われるニンニク

 

 

■病気

 

ニンニクがかかりやすい病気の中に、春腐病乾腐病というものがあります。
これらの病気は、腐ったようになるという、特徴的な症状が出ます。

 

最初は地上部の葉や葉鞘部分に病斑やとろけたような症状が出て、
進行すると土中の球も腐ったようになっていきます。

 

これらの病気にかかると、収量が激減してしまうため、注意が必要です。

 

■参考

・ニンニク 地植えの栽培
・ニンニク プランターの栽培
・ジャンボニンニクの栽培
・ニンニクの芽 栽培
・行者ニンニク 栽培



スポンサードリンク

 

タグ : 

ニンニク栽培 Q&A

この記事に関連する記事一覧